FC2ブログ

Entries

遠隔テクノロジーに対する対応方法 基礎編

遠隔テクノロジーに対する対応方法 基礎編


我々の被害というのは、加害によるものに他ならない。

したがって、加害に対応しなければならない。


1 自然体・・・いつもの自分の性格的な対応。この対応方法では、加害組織に性格が大いに利用されてしまう。

2 観察・・・自分を含めて加害された時に観察すること、そして、騒がず、恐れず、慌てずの精神状態を保つこと。


加害に対する対応方法は上記の二つしかない。


したがって、自然体で対応する方法では、人によっては「無駄ゼニかけて」金属などで部屋を覆ったり、電磁波防御のグッズを買ったり、電磁波防御のいろいろな機器を購入したり、いろいろな対応を行う。そのほかには、大騒ぎして警察を呼んだり、加害相手だと思い込んだ相手に立ち向かうなどの行動も含む。


自然体では、自分の性格がもろに出てしまう。


そこで観察力を発揮する精神状態にするのが最も効果的な対応方法となる。


どのような攻撃をされても、自分を含めて観察することで冷静さを保つようにすることである。


加害組織の技術はこれまで何度も述べてきたが、簡単に言えば、とんでもないレベルの技術であって、加害組織は自分の身近に加害者がいるようにすりこむ。すりこまれて警察を呼んだりして大騒ぎになりやすい。周りから孤立する。


つまり、どういうことかというと、相手の技術レベルが高いのだから、相手を追及したりするのは不可能であり、相手だと思っているのは、すりこまれたもの。


したがって、身近に加害者なんかいないし、身近に加害装置は存在しないし、知っている組織でもないし、証拠もつかめない。だが、すりこまれて身近にいると思えるし、身近に加害装置があると思い込む。そこに大きなギャップがある。


加害に対応する精神状態で必要なことは冷静さだ。だが、何も知らない状態で加害されるとどうしても取り乱してしまう。その時の様子などはしっかりと覚えておくことだ。その時肝心な点は、加害に対しての自分の精神状態をよく把握しておくことだ。


1 恐れた加害はあったか?

2 相手をどうしたかったか?

3 相手が身近だと判断した時の根拠は何か?


最後の3、相手が身近だと判断した時の根拠は、よく注意して、根拠が加害によって作られたものであることに注意することだ。


簡単に言えば、加害組織は加害によって誰が何のためにやっているか被害者に判断させるように加害に根拠を前もって用意していることだ。だから、加害に加害相手の根拠を判断したら、思い込むことになる。あとは思い込んで被害意識を持てば、被害妄想の根拠も出来上がる。


被害妄想の根拠が出来上がった後で周りの人に訴えれば、当然被害妄想に判断される。言い換えると被害妄想を意識するしかなくなる。


というのは、加害組織はターゲットにする時までに脳波モニターによって性格とか趣向とか、嫌いなものとかなんでもサーチ済み。


思考盗聴と呼ばれるものが脳波モニターであり、人体の神経信号のモニターでもある。その点は加害組織が被害者に意識させることもあれば意識させないこともあり、意識させてもある程度のレベルまでを意識させることも可能だと考えられる。


例えば、「思考盗聴は言葉で意識しなければ不可能」という考えは、加害組織が被害者にそう思い込みさせた結果だ。


私の経験上脳内のあらゆる意識は、すべてモニターされている。というわけで、尻が痒いまま痒さを感じているだけでも加害組織は正確にモニターしている。言い換えると、見聞きしているものまで、インスピレーション的に意識するものまで、加害組織は正確にモニターしている。


そういうのが加害組織の技術だから、むやみにカネと時間をかけて無駄ゼニ使うことは意味がない。なぜなら、加害組織は被害者の防御方法が、一定期間効果あるように思わせてくるからだ。


そういうわけで、加害に対する対応方法は、観察力を使って冷静な精神を保つように努力することにある。


ターゲット被害者になった時はよろしく!
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keyhole276p3mhz.blog75.fc2.com/tb.php/3210-c436a234

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

パパケベック

Author:パパケベック
http://ameblo.jp/push-gci/がメインブログ。
ニュース時事、競馬、遠隔テクノロジーと集団ストーカー。
パソコンと周辺機器、広帯域受信機。

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード