FC2ブログ

Entries

遠隔テクノロジー被害と集団ストーカー被害 25 身近な加害者という妄想

遠隔テクノロジー被害と集団ストーカー被害 25 身近な加害者という妄想


【身近な加害者という妄想】


遠隔テクノロジーを使う加害組織は、ターゲットにした被害者に身近な加害者を意識させる。その加害方法のタイプが、集団ストーカー説の被害タイプになる。


集団ストーカーの被害タイプの特徴

一般的に言えば、集団ストーカータイプの被害者は状況を冷静に見つめる頭が欠けていると言える。逆に、本物そっくりの声に騙されるのは仕方のないことでもある。だが、状況を継続的に冷静に見続ければ、おかしな点に気が付くはずであるが、頭にあるのは自分を憐れむ心だけで被害と言われるのは当然と考えるところに『当然』を強く意識している。


◎加害者側の声・・・近所・職場内・通行中の身近な人・テレビなどの声。

◎加害側の声を聞く頻度・・・時々が多い。

◎加害側の声の内容・・・自分だけしか知らないことに関するキーワード、プライベートなことに関するキーワード。

◎加害側と思う相手・・・近所・職場内・通行中の身近な人・テレビの出演者。

◎誇大妄想化・・・近所・職場内・通行中の身近な人・テレビの出演者の組織を妄想する。

◎誇大妄想化の加害組織の推定・・・創価学会、アメリカCIA、国際組織、自衛隊、警察など。


加害組織の加害方法として推定すると、マインドコントロールは身近な人物を加害者と思わせるような聴覚コントロール、意識コントロールがあると考えられる。


◎聴覚コントロール・・・声、物音、耳鳴り、騒音的な音など。どれも身近に聞く音や声であって本物と区別できない。

◎意識コントロール・・・加害者だと思うような判断を作り出している可能性があるが、意識コントロールによる意識の生成は容易な識別不能である。

◎そのほかの感覚コントロール・・・不安感を意識するような身体感覚の生成をやっている可能性がある。心臓の鼓動、腹部の感覚など。

◎マインドコントロール・・・身近な人物と思わせるように声や物音も方向性があり、加害相手の特定が容易な状況を作り出す。


集団ストーカータイプの加害方法の主眼点は、ターゲットにされた被害者が相手を意識するとともに、『プライベートへの侵害』『監視されているという意識』『嫌がらせに感じる声や物音、身体感覚』などに対して『恐怖心』『怒り』『不安』の精神・心理のコントロールを行うものである。

したがってターゲットにされた被害者は一定期間に加害によって精神的なダメージ・疲労により、精神状態が特定の方向に誘導される。



集団ストーカータイプの被害者が被害初期に上記のような精神状態で行動・言動を行う。その行動・言動が家族や知人、周囲の目には異様な状況として受け取られてしまう。それゆえ、加害レベルが浅くても被害者の性格などによっては精神病院への処置入院などの重大な2次被害の状況に陥ることもありうる。


◎一時的な被害・・・加害組織によってマインドコントロールされた精神状態=被害意識。

◎二次的な被害・・・自己閉鎖的に陥るケース、身の回りに対する行動による重大事件。


集団ストーカータイプでも最大の被害は、加害組織によるマインドコントロールによって植えつけられた妄想である。言い換えると被害意識である。

妄想が被害の深刻さを増す要因になる。したがって、加害組織によって植えつけられた妄想を被害者自身が自覚して意識し、それを自分で除去することが必要になる。


被害妄想を植え付けられたままの一種の解消法は、いくつかある。

1 ブログなどで発散すること

2 警察などに110番すること

3 疑わしい加害者から逃避、あるいは敵対行動をとる・・・近所が加害者だと妄想すれば、近所に抗議するなどの行動。

4 被害者集団に加わって集団的な行動をとる・・・集会やビラ配り


とはいえ、どれも被害妄想を植え付けられたままの解消法であり、自己満足的な成果しか得られないから冷静に事態を意識するほど虚しさも出てくるようになる。
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keyhole276p3mhz.blog75.fc2.com/tb.php/3190-f54dfe96

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

パパケベック

Author:パパケベック
http://ameblo.jp/push-gci/がメインブログ。
ニュース時事、競馬、遠隔テクノロジーと集団ストーカー。
パソコンと周辺機器、広帯域受信機。

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード