FC2ブログ

Entries

遠隔テクノロジー被害と集団ストーカー被害 24

遠隔テクノロジー被害と集団ストーカー被害 24


【加害組織はどうやって自分を狙っているのか?】


加害組織はどうやって自分を狙っているのか考えている被害者もいるだろう。


次のような被害者は、考えようによっては、加害組織はたまたま波長の合う相手が自分だったと考える。



それは、加害組織による『接続』。


『接続』という言葉のかわりに『繋ぎ』と表現する被害者もいる。


思い起こせば被害初期、加害組織は自分に接続する相手の数の限度を言ってきたことがあった。


「お前に接続できるのは最大3人だ。」


加害組織が自分を狙うことに関しては、様々な憶測があるのは当然だろう。私のように加害組織がいろいろと説明することもあれば、加害組織の様子などを「声」を聴きながら憶測している被害者もいるだろう。


『接続』『繋ぎ』の数が増えれば、聞こえる相手の声も増えることになる。それで相手を複数と考えたり、それぞれの声の相手に性格のような区別をしたりする。


声の相手を区別する傾向はほかの被害者にも多く見られるケースだが、誇大妄想や被害妄想の典型でしかないのは言うまでもない。


加害する相手と加害以外の相手を区別するとき、加害以外の相手の声を『チャネリングメッセージ』と言ったり、『サブリミナルメッセージ』と言ったりする。



そうした声の区別は私の被害経験でもあった。


加害組織はターゲットにした人の脳にだけ聞こえるような声や感覚を生成できる。


ということは、『ターゲットにする過程』が加害組織側の事情としてあるということになる。


したがって、機械装置をいじくりまわしていて、たまたま自分に波長が合ったため自分が狙われたと考えるのは、加害組織に偶然狙われたと考えることになる。そんな程度の技術だと考えることになるが、被害者自らが考え出したものとしては浅はかな考え方だろう。そうじゃなく、被害者が加害組織の様子や言い分に耳を傾けてそれで判断したというなら、それは被害妄想だろう。


加害組織が狙っている被害者の中には、精神病院送りになった被害者もいる。それは、加害組織が一つの狙いとして狙いをつけたものと考えるべきである。


精神病院送りになるケースは、被害者の性格によるものが大きい。その性格は大騒ぎする性格だ。


加害組織はおそらく、その被害者の脳波を観測することで大騒ぎする性格なのかわかると推測している。


結果は、様々な経歴・状況の被害者が現存していることになる。それがまた被害者同士で被害を確認しあう時に『障壁』ともなる原因である。逆に加害組織側にとっては、ネット上に誘導できれば、ネット上で被害者同士が知り合うことにもなる。


お互いに被害を確認しあうことに抵抗するケースもあるが、話はすれ違いになるケースになりやすいのも、加害組織の戦略の一つとして考えていいはずだ。


ターゲットにされた時はよろしく!状況を説明してくれれば、アドバイスくらいはできるから。
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keyhole276p3mhz.blog75.fc2.com/tb.php/3177-33e43ba3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

パパケベック

Author:パパケベック
http://ameblo.jp/push-gci/がメインブログ。
ニュース時事、競馬、遠隔テクノロジーと集団ストーカー。
パソコンと周辺機器、広帯域受信機。

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード