FC2ブログ

Entries

遠隔テクノロジー被害と集団ストーカー被害 18

遠隔テクノロジー被害と集団ストーカー被害 18




≪加害組織内の人員養成≫


加害組織の声を人工知能と考えても特に意味はない。人工知能と考えれば、その人工知能を駆使する人間がいることを前提しなければならない。


加害組織の加害方法が、マニュアルさえあれば誰でもできるように考えるのは、浅はかな考え方だ。加害組織が人員を動員して嫌がらせすると考えるならば、動員される人員の要請が不可欠である。それをど素人の人間を使って嫌がらせが可能だと考えるのは、子供だまし程度の浅はかなものの考え方だと思う。


したがって、加害相手が組織的であり、目的をもっていろいろな加害をやっていると推定するならば、加害組織内の人員は、加害方法を訓練していると考えるのが筋である。


ここでは、集ストタイプの被害妄想のような特定の人員を動員するような加害方法は除外する。そんなものは手間暇かけてわざわざ何の変哲もない凡人に長期間嫌がらせするなど、組織的にやっていると考えるほど馬鹿なものの考え方はないと断言する。


加害組織の人員は、加害方法を訓練していると考える。それで多くの被害者が「稽古台」のようにターゲットにされると考えられる。そういう加害方法は、多くの被害者を毎年のように増やしていくと考えている。その被害タイプの典型例が、集団ストーカータイプだと考えている。


加害組織の人員を要請するために、毎年多くのターゲットが被害者になると考えれば、毎年被害者数が増えるのは当然の成り行きだと考えられる。


加害組織の人員を要請するためにターゲットを選定していろいろな加害方法を行う。

1 感覚生成

2 意識生成


その二つが基本的な神経コントロールである。そしてもう一つが

3 神経モニター(思考盗聴・脳は盗聴)

である。


つまり、加害組織の技術は、相当の訓練を積んで自在にこなせるようになるような技術だと考える。それは機械装置があって、マニュアル通りにやれば、誰にでも操作可能なレベルではないと考えている。


例えば思考盗聴は、人工知能を言うデマの考え方では、コンピューターで脳波を解析・変換していると考えているが、私は人間の脳を使っていると考えている。だから、人としてわかるものが脳内の心と言う奴だと考えている。


言うなれば、加害組織の思考盗聴はターゲット被害者の脳波をち密に収集して加害組織内の人間の脳で肉体の感覚レベルや精神レベルに変換していると考えている。


それを読んだ人は、あほなことを言っているというだろうが、そのくらいの技術がないとリアルタイムで心を見透かされるのは、ありえないと思っている。とはいえ、スーパーコンピューターのように素晴らしい能力なら、リアルタイムで脳内の神経信号を収集して感覚・意識・感情レベルに変換することは可能かもしれないが。


=======================



★単調な繰り返し音声

考えたことなどを言葉にして音声送信する手法。

この手法を加害組織側に立って考えた場合、加害組織内の構成員の練習台として考えることもできる。

被害者から脳波モニターしたものを加害組織側で脳内の意識を被害者本人同様に変換する練習台として考えれば、被害者が考えた脳内意識を被害者に音声送信して正しさを確認する。

つまり、加害組織の思考盗聴は、思考したものをそのまま音声送信する場合には、まず人間の脳を使って変換して収集した脳内意識のデータが正しいことを確認する。つまり、被害者から思考盗聴したものの正しさを被害者に音声送信したときの被害者の脳内反応から確認している。


したがって、被害者が毎日同じような脳内意識を収集して同じ言葉の音声送信を今度はプログラム的に・機械反応的に音声送信することができるようになる。例えば、気になっている車などを見た時に音声送信する、という具合に使える。


加害組織は被害者を思考盗聴しながら構成員の脳を使って被害者本人同様の意識に変換していると考えられる。


被害者→電磁波による盗聴データ(デジタル生データ)→被害者に感覚生成するのと同じ形式の電磁波→加害組織の構成員の脳→被害者と同様の意識への変換

音声送信は、

加害組織の構成員の脳→感覚生成する電磁波への変換→被害者


被害者の脳内意識をリアルタイムでモニターしたデジタル生データは、コンピューターで解析可能だとしても、被害者本人同様の脳内意識に変換することはできない。そのため、人間の脳を使って変換すると考えるのが私の加害組織の技術に対する一つの思い付きである。


被害者の脳内意識を電磁波でモニターするとデジタルの生データになる。そのデジタル生データを加害組織内の人間の脳に「移植」する。その際、被害者から取得したデジタル生データは、加害組織内部の人間の脳内に移植する前に脳内に感覚・意識生成するのと同じような形式に変換する可能性がある。


被害者の脳内意識を移植された加害組織の人間の脳内で人間の脳内意識レベルに変換する。


加害組織内の人間の脳で被害者同様の脳内意識レベルに「正しく」変換できたかを確認する必要がある。その確認方法の一つが「リピート送信」とか「繰り返し音声」などの音声送信である。それらの声を意識した被害者の脳内に「判断」が意識化される。考えたことと同じならば、「思考を盗聴された」「不可能なものが盗聴された」などと意識する。さらに繰り返し音声送信の最中に言葉を少しずつ変える手法を試すようになる。すると被害者は言葉が違っていても同じような言葉として聞いたり、違っていると判断したりするのを確認する。


つまり、音声送信一つとっても、加害組織は何かの目的に沿って実行していると考えられるわけである。その何かについては、どのように意識しているかの確認を通じてどのような手法を後に行うかの判断もやっている可能性がある。


私の被害初期の経験では、いわゆるリピート送信はほとんどなく、もっぱら、加害組織が何か言ってきたものを私がいろいろ判断することだった。その判断は、聞き取れにくい言葉、聞き取れても何のことなのかわからない言葉、聞こえた言葉に対する感情的・理性的な意識がほとんどだった。


私の被害初期での経験は、最初から対話モードだった。議論、対話、論争、感情、葛藤、などの意識が支配的だった。そのため、いったいどういうことなのか状況の把握に時間がかかった。


対話モードは、要するに意識全般のやり取りである。痛みなどの感覚を意識するもの、言葉を聞いて意識するもの、何かを考えて意識するもの、いろいろな意識についてやり取りが行われる。したがって、朝起きてから寝るまでの間、可能な限りの脳内会話になった。トイレでも、食事中でも、買い物に行っても、どこに行っても、仕事中でも、ブログ記事を書いているときでも、可能な限りの脳内会話の状態である。


加害組織の声の主を人工知能と考える被害者がいる。私はそう考えることはできない。だが、声の主を人工知能と考えれば、人に見られるような状況を意識しても、恥ずかしさを半減できるかもしれない。とはいえ、そのような状況に判断できるのは、それ相応の加害方法を暗示している。つまり、加害組織の声の主が、生活面、仕事面にどのくらい「侵入」「介入」しているかだ。


失敗続きの仕事の時にいちいち加害組織の声の主が何か関係したことを言ってくるとか、失敗続きの精神状態をさらに追い打ちをかけるような言い方をしてくるとか、そういうことだ。


恥ずかしさについては、特に下ネタがらみだろう。性癖や性の悩みなどについて、無制限に生活介入されていない場合は、ある程度プライバシーが保たれているはずだ。私の場合は特に制限されていない。


心のすべてが筒抜けであるような対話モードである。「今の感づかれていないよな・・・」を瞬間的な思いで意識しても、加害組織に言われる。そのため、そういうことにはいちいち気にしないようにしている。「今の意識、何か言ってくるか・・・馬鹿にするように言ってくるか・・・」と考えるようにしている。だから気にしないというのはウソになるが、それでムカついて感情的にはならない。人によってはどうなのか考えるが、相手に対して恐怖心、敵対心が優先的な心理状態だと、かなりストレスがたまるだろうと思う。


言えることは、超音波説やマイクロ波聴覚効果説では被害を説明するものとしては足りないということ。もし足りるなら、それ相応の加害レベル。


ターゲットにされた時はよろしく!
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keyhole276p3mhz.blog75.fc2.com/tb.php/3162-b066dd4c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

パパケベック

Author:パパケベック
http://ameblo.jp/push-gci/がメインブログ。
ニュース時事、競馬、遠隔テクノロジーと集団ストーカー。
パソコンと周辺機器、広帯域受信機。

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード