FC2ブログ

Entries

加害方法と対応方法3

加害方法と対応方法3私が初めて遠隔テクノロジーを使う加害組織の「加害」と呼ぶものを受けたのは2015年1月からだった。正確な日付は記録していないために判らないが、元旦からだろうと思う。被害初期を回顧してみると、行動誘導されたものなら、よくあそこまでやったものだと感心する。今なら考えられないことだ。その時の心理などは覚えていないが、命令されて行動誘導されたわけではなかった。その際、加害組織は脳内会話しなが...

加害方法と対応方法2

加害方法と対応方法2経験済みの加害方法については以下のページに書いてある。https://ameblo.jp/push-gci/entry-12392738551.html加害方法を身体部分で分類した場合、いくつか取り上げると次のようになる。1 耳、聴覚・・・声、音。2 頭、頭の中の感覚・・・圧迫感(逆立ちした時の頭の圧迫感)や頭痛、頭の異常な感覚など(頭のおかしな感覚、危機を意識するような異様な感覚、頭ーの血の巡りが滞った時の感覚・首を絞められた...

加害に対する対応方法1

加害に対する対応方法1総論ーーー加害そのものは、神経細胞に作用する電磁波によって作り出す感覚や意識である。加害組織のターゲットにされれば、加害相手の声や身体攻撃は、遠隔から作り出されたものに過ぎない。遠隔からやっている声や身体攻撃を身近な人間がやっていると思い込めるところに被害妄想を取り込むすきができる。総論ーーーターゲットにされれば、遠隔から常時脳神経の信号を読み取られて考えや意識、感覚が加害側...

遠隔テクノロジーの加害方法2

遠隔テクノロジーの加害方法22015年1月から遠隔テクノロジーの加害を初めて認識した。遠隔テクノロジーを使う加害組織は、最初に亡霊みたいに振る舞った。次第に人間のようにふるまった。2015年1月は、加害で最もつらかった時期でもあった。1月は、加害から逃げ延びるように救急車を呼んで一晩入院することになった。入院にかかった費用は、合計で57000円くらいだった。MRIというのか、その中に入ってうるさい騒音を聞きながら加害...

加害方法と対応方法1

加害方法と対応方法1加害方法についてはこれまでの経験を以下のページに書いてある。https://ameblo.jp/push-gci/entry-12392738551.html今回の記事は、対応方法の基本を記述している。==========================1 恐れず、慌てず、騒がず、自分の心理面を含めてよく観察すること。まず、加害方法は、遠隔から行っていることを知らなければならない。だが、被害初期から知ることはないから、加害されながらマインドコントロール...

Appendix

プロフィール

パパケベック

Author:パパケベック
http://ameblo.jp/push-gci/がメインブログ。
ニュース時事、競馬、遠隔テクノロジーと集団ストーカー。
パソコンと周辺機器、広帯域受信機。
コメントはhttp://ameblo.jp/push-gci/で受け付けている。

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード