FC2ブログ

Entries

遠隔テクノロジー被害と集団ストーカー被害 29 被害妄想の共有

遠隔テクノロジー被害と集団ストーカー被害 29 被害妄想の共有前回の被害妄想の共有については、被害妄想の構図を重点的に取り上げた。https://ameblo.jp/push-gci/entry-12394534299.htmlそして、一般的な考えとして「たくさんの被害者の被害妄想に同等性があるのは、同じ加害組織によるマインドコントロールだから」と述べた。同じ加害組織のマインドコントロールだから植え付けられた被害妄想も似たり寄ったりになる。多分、...

遠隔テクノロジー被害と集団ストーカー被害 28 被害妄想の共有

遠隔テクノロジー被害と集団ストーカー被害 28■被害妄想の共有■多くのターゲット被害者は加害組織からそれぞれ被害妄想を植え付けられている。被害内容が異なっていても被害の本質的な部分は同じものがある。被害の本質が同じことは、被害妄想を共有できる条件にもなる。多くの被害者の被害状況が異なっていても被害妄想の同等性があるのは、同じ加害組織の同じ目的に従ったマインドコントロールが行われたからである。したがって...

ターゲット被害者の妄想分析1

ターゲット被害者の妄想分析1遠隔テクノロジーのターゲットにされるとマインドコントロールによって被害妄想を植え付けられる。そのことを理解するには固有の困難がある。妄想をマインドコントロールで植えつけられることを理解するには、それぞれの被害者がどんな妄想なのか考えても分からない。妄想を植え付けられれば、たいていの被害者の考えには加害相手に対する素性を判断したり、加害相手の加害理由を判断したりしているは...

遠隔テクノロジーに対する対応方法 基礎編3

遠隔テクノロジーに対する対応方法 基礎編3遠隔テクノロジーを使う組織は、ターゲットにした人にいろいろな騙しをやる。と言っても、常識ではありえない技術、知られていない技術だからターゲットにされた人は騙されるとは考えもしない。【加害から判断するところにマインドコントロール】ターゲットにされて被害を感じれば、当然相手を見定める。見定めるところにマインドコントロールを仕掛ける。声として聞こえる加害は、言葉...

ターゲット被害者KUMAの妄想分析1

ターゲット被害者KUMAの妄想分析12018年07月10日(火)NEW !テーマ:被害妄想の分析ターゲット被害者KUMAの妄想分析1まず、妄想が大きいターゲット被害者KUMAのページ。https://blogs.yahoo.co.jp/lamb_raisin_vanilla私に対して特別のページを作って遊んでいる。https://blogs.yahoo.co.jp/lamb_raisin_vanilla/38545411.htmlこの被害者は、被害認識以前の不可解な出来事までも被害に数えている。基本的に集団ストーカータイプの形...

Appendix

プロフィール

パパケベック

Author:パパケベック
http://ameblo.jp/push-gci/がメインブログ。
ニュース時事、競馬、遠隔テクノロジーと集団ストーカー。
パソコンと周辺機器、広帯域受信機。
コメントはhttp://ameblo.jp/push-gci/で受け付けている。

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード