FC2ブログ

Latest Entries

集団ストーカーとは 4



集団ストーカーとは 4


これまで述べてきた集団ストーカーについてのブログ記事で述べていることを簡単にまとめて言えば、遠隔テクノロジーの技術を使っている加害組織のターゲットにされた被害者が、加害とは無関係の相手を加害者と思い込むことで被害を意識するような被害妄想と、ターゲット被害者が無関係の人間を加害相手と思い込むようにマインドコントロールする手法に「神経コントロール技術」が使われていることを示すだけである。


■神経コントロールで幻聴生成


神経コントロール技術は、一般的な用語でいえば、「幻聴」(聴覚だけではない)を頭の中に生成する技術であって、ターゲット被害者本人だけが聞こえ、ターゲット被害者が録音して確認したとしても、他人には聞こえないことになる。


ここで述べている点の中でもっとも忌み嫌われることは、「幻聴」の生成と録音で確認しても自分だけにしか聞こえていない物理現象のことである。


物理現象として各々の被害者が経験することは、物理現象としては考えても答えのないものである。だから、私を含めて被害者はその物理現象をまたいで通り過ぎるしかない。いわゆる「スルー」するわけだが、そこが問題の核心部分でもあるので自分にしか聞こえない騒音などの物理現象とそれで騙されて思い込み、被害意識の中に取り込まれる被害妄想についてこれまで分散的に述べてきたのである。


問題の核心部分を並べると、以下の2点になる。

1 自分にしか聞こえない騒音などの物理現象

2 不可解な物理現象を根拠にする被害妄想


ある日から突如騒音が聞こえ始めて、騒音に悩み始める。それでターゲット被害者は騒音を根拠にして相手を定め、相手に対して行動を起こすようになる。


だが、騒音は本人しか聞こえていないことを何らかの形で知ったはずだ。


それでもターゲット被害者は納得できず、騒音などに悩むことになる。そこでターゲット被害者は証拠を相手に提示するような行動に出る。


加害と思われる騒音を録音し、その録音を自分の耳で確認し、加害相手と思われる相手に確認を求める行動。


だが、相手も、警察を呼んで警察でも、聞こえないと言われる。


録音機を再生しながら「ほら、聞こえるでしょう」といえば、相手は聞こえない。


ターゲット被害者の録音の確認を求める行動でも、物理現象は以下のとおりである。


1 自分には聞こえる。

2 相手には聞こえない。


それを説明できる回答は、警察も世間も正しい答えを持っていない。たいていは、「精神病院に行け」「頭おかしいのか」だろう。


物理現象としては、明らかに不可解だ。不可解でも次の点は明らかである。

「1 自分には聞こえる。」・・・ターゲット被害者が「聞こえる感覚がある」ということである。

「2 相手には聞こえない。」・・・騒音のような音波はスピーカーから発生していない。


騒音が聞こえる感覚だけがターゲット被害者にあるということである※。つまり、よく知られている言葉で言えば、ターゲット被害者は幻聴を聞いているということに他ならない。


だから、警察はターゲット被害者に精神病院に行けと言える。警察の限界はそこまでだ。


遠隔テクノロジーの技術を私が考え出したとき、音や声から考え出したわけではない。臭いから考え出したものだ。臭いなら臭いのもととなる物質を加害相手が作る必要がある。それ以外で考えられるものは、その場で臭いを感じるときに臭うように加害相手が自宅内に侵入、それ相応の仕掛けをやったなどを考えられるが、私はそうは考えず、臭いのもととなる物質を作らないで臭う感覚を考えたのである。


どうやったら、臭い物質がなくても臭うのか?そこで臭う感覚を考えたら、臭いの物質を感知して神経信号に変換する神経細胞の存在を考えた。つまり、そこで驚愕することになった。


「臭う感覚を神経細胞に何かやって臭う感覚を作る技術?・・・・本当に作ったのか?」そう加害相手に意識した。


毎日脳内会話、身体刺激はしょっちゅう、一体なんなのかわからなかったところでどうやったら臭い物質なしに臭う感覚を感じるか考えた結論が、神経のコントロールだった。


神経コントロールなら脳内会話も説明がつくし、頭痛やかゆみ、体に物が乗っかる感覚、物が動いて見える感覚、臭い、声や音、すべて説明がつく。


それでほかの被害者のブログなどであっちこっちで加害組織がターゲットにしている被害者の様子をブログから知った。


集団ストーカータイプという言い方は私独自の言い方だが、私から見れば時間条件限定の神経コントロールでターゲットにされている状態を指し示す言葉だ。だから、普段は加害相手を意識する時間が条件的に限られている。例えば通勤中とか、自室内のくつろいでいる時間帯とか、あるいは会社内の一定時間とか。そのように時間限定的である状態のレベルを指し示す言葉として集団ストーカータイプという言葉を用いている。


他にも意味を含めているが、精神的に、意識的に、一人になる心の時間帯がある状態のレベルも集団ストーカータイプに考える場合もある。私の場合はほとんどない。特に被害初期はそうだったが最近少し増えている。と言っても、何かに集中している時間以外は、加害組織の声が聞こえ、加害組織と時間つぶし的に脳内会話で脳を使っているが。


■物理現象と幻の感覚生成

自分だけしか聞こえず、他人には聞こえない現象の物理現象を言えば、自分だけに聞こえる騒音などは音波を聞いているのではなく、幻聴を感じているということである。だから、物理現象としてターゲット被害者だけが聞こえる物理現象とは、音ではなく、外界の音源でもなく、本人の脳内の物理現象ということである。


物理現象という点でマイクロ波聴覚効果説を言えば、耳の蝸牛をマイクロ波が振動させるから聞こえると説明するのである。ただ、耳の蝸牛をマイクロ波が直に振動させるものではないと説明しているようだが、それは、耳の蝸牛以外の体の部分に音響波がマイクロ波で発生し、その音響波の振動が耳の蝸牛に伝わるから聞こえると説明するだけである。そのことは、単純に言えば、マイクロ波で発生する体の部分から発生する音響波がICレコーダーで録音可能な音源とはならず、耳の蝸牛を振動させて音を感知するものだと説明すれば、その音響波というものは、振動を示すということである。簡単に言えば、マイクロ波が体の部分に骨伝導のような振動を生成し、その振動が耳の蝸牛に伝わりそれで聞こえると説明する考え方である。


もし、マイクロ波で体の部分に音響波が発生した時にその音響波が音波となって耳に到達、蝸牛に伝わり、それで神経信号にして脳へ送るということなら、その音響波は音響波の発生する体の部分近くに置けば、録音可能となる。この考え方は、超音波説によく似たものでもある。超音波説は、二つの超音波の交差する点で音の周波数の変化が起こり、可聴域の音波になって聞こえる考え方とよく似ている。


ターゲット被害者が無関係の人間を加害者のように疑って行動するのは、加害組織によるマインドコントロールがターゲット被害者の被害意識に被害妄想を取り込ませるからである。マインドコントロールは、幻の感覚をターゲット被害者の脳に認識させることで単純ながら確立する被害妄想となる。


録音のような行動は、加害組織も想定内の行動だから、ターゲット被害者によっては録音チェックで音が第三者でも確認可能な形式で録音させる場合もありうると考えている。だが、多くの場合は、ターゲット被害者の録音チェックを想定して、録音チェックした時に該当部分で聞こえるように幻聴を生成する正確さがある。


ターゲット被害者がとる行動を想定し、第三者に行動することでターゲット被害者が窮地に陥る状況をターゲット被害者に行動させることで実現する。つまり、ターゲット被害者が加害相手と思われる相手に何らかの行動をとることはその人の性格にもよって異なる。


物理現象としては、録音機で確認できたことはターゲット被害者が自信を持って相手にも確認させるような性格の場合、不可解な状況になる。


物理現象として正しいものと思われた録音機が、証拠としては、ターゲット被害者が窮地に陥る根拠になる。


証拠と思ったものが相手に否定されて性格的に「嘘つき」と呼んでしまう場合、ターゲット被害者はさらに窮地に陥る。それが精神病を疑われることとなり、警察を介入させるとターゲット被害者の様子などから「自分または他人を傷つける恐れ」などの理由により、精神病院への強制入院処置をとられるような事態にも発展する。


すべては、被害妄想を取り込んでしまったことによるが、ターゲット被害者の性格からくる行動は、それぞれ異なった行動になるのがふつうである。


物理現象としてターゲット被害者が経験することは不可解なもののはずだ。


「自分だけ聞こえている」

単純に物理現象を考えれば、確認を求める相手の態度などからウソをついていると考えたりするが、その判断は被害者の性格によるものもある。


騒音を録音チェックするときは、その大きさを目で見て確認できるようなソフトを使うべきである、と言える。


人の声かどうかのチェックは、多分、声紋を見極めるようなソフトが必要だろう。ある程度は、サウンドエンジンフリーのようなソフトに付属している「スペクトログラム」でもいい感じだろうと思うが、多くの録音チェックの経験がないと所詮は生兵法は怪我のもとになる可能性がある。


とはいえ、加害組織の神経コントロールで生成する幻の感覚の中で聴覚以外に証拠となるようなものはとれないのが現状だ。


だが、録音物で証拠をとったと思わされることはターゲット被害者間で情報共有したほうがいいだろう。ーーー目で見て確認する録音チェック。


とはいえ、録音したものが証拠となることはない。「私は騒音の被害を受けています」ような証拠にはならない。


そういうわけで、本物そっくりの騒音を神経コントロールで幻聴生成可能なことは頭に入れておいた方が今後の新たな被害者のためにも重要だろうな。

=====================================

※ターゲット被害者kumaの経験談によると録音の再生時の確認時は、音が小さくなった、と。

https://blogs.yahoo.co.jp/lamb_raisin_vanilla/37364988.html


「・・・警察を何度も」呼び、警察に確認を求める際には、「何故か警察が来るとボリュームが小さくなるんです。」

おそらく、警察の目の前での録音機の再生時に自分に聞こえるボリュームが自分だけで確認した時よりも小さいということだろう。加害組織はこうやってターゲット被害者を試す。とはいえ、録音物を確認する場合、騒音のような音源を録音すると目で見て確認できるものである。それは録音してから録音チェックを何度もやっていた経験があると、おそらくは、目で見て確認するときに確認できないはずだ。だが、たいていのターゲット被害者は録音チェックする経験は限りなく少ない。そのため、録音しても不可解な点を見逃してしまうことになる。


録音チェックをする時は、ターゲット被害者の場合ならなおさら、目で見ての確認ができるような手法を身に着けているべきである。


例えば、私の場合の録音チェックは以下のように行う。

1 録音・・・音源に対して録音方式を考えて行う。

2 ラジオラインフリーのようなソフトで再生しながら、探し出したい音源があるのを目で確認する手法も取り入れて探す。

3 録音部分を切り取ってサウンドエンジンフリーのソフトで再生、音の大きさを目で確認したり、「スペクトログラム」の機能を利用して目で確認する。


騒音のような音源は、上記のようなソフトを使ってファイル読み込みの後に音を再生しなくても目で見て大きな音の部分を確認できる。しかも、録音開始時間がだいたい正しいなら、何時ごろに聞こえたのかもわかる。そのように録音チェックをICレコーダーのようなものを使ってやっても、安っぽいスピーカーから聞こえる音だけが頼りになる。


だが注意すべきは、遠隔テクノロジーの技術だ。該当部分で騒音が聞こえるように幻聴を生成できるのは、ターゲット被害者の脳波モニターで分かっているから、そこで騒音が聞こえるようにすることはたやすく可能になる。つまり、スピーカーから騒音が聞こえるような感覚ーーーー音源の方向性などの感覚ーーーを幻聴として生成可能。


昔録音した加害組織側の声と思われるものを後になって確認しても聞こえなくなる現象を説明すれば、おそらく、その音を聞かせていない、その幻聴を作り出していないことだろうと考えられる。


もっとも、加害組織の声などが聞こえる感覚が具体的にどのような仕組みなのかはわからない。


ターゲット被害者kumaの経験のように「音が小さくなる」のはたいていの被害者が経験している可能性がある。


被害初期にネズミの鳴き声をリアルに聞かされた後に2回ほど同じものを聞かされた時は、だんだん小さくなっていた。そこから言えるのは、記憶領域に関する部分を利用しているのではないかという神経コントロールの仕組みだが、その辺についての探究はとん挫してばかりだ。かなり難しい内容だろうと推定する。


神経コントロールと簡単に言っている技術の具体的な詳細についての探求で得られる自分なりの答えはあまり多くはない。だが、様々な神経を何らかの仕組みでコントロールしている点は明らかだろうと結論している。その一つが、夢の中で物を見聞きする感覚と言う奴は、見聞きする感覚とは異なるということであり、同時にそういう感覚を人間は脳の機能を使って自分で作っているということである。とはいえ、自分で夢を作っている自覚はない。ただ、夢だとわかって夢の中でちょっとした遊び感覚で飛んだり、物を壊したり、危ないところでも恐怖心を感じないようにはできる。ーーー高いところから飛び降りたりするような時。

===============================

何はともあれ、ターゲットにされた時はよろしく!



============================
メインブログ
アメーバー     https://ameblo.jp/push-gci/

主なカテゴリーのリンク
ニュース      https://ameblo.jp/push-gci/theme-10028247892.html
競馬        https://ameblo.jp/push-gci/theme-10028078848.html
遠隔テクノロジー 3 https://ameblo.jp/push-gci/theme-10107065029.html
パソコンと周辺機器 https://ameblo.jp/push-gci/theme-10028583280.html
覚書        https://ameblo.jp/push-gci/theme-10106680185.html

コピーブログ
アメーバー     https://ameblo.jp/papa-quebeck/
FC2         http://keyhole276p3mhz.blog75.fc2.com/
ライブドア     http://blog.livedoor.jp/push_gci/

一部のコピーブログ
シーサー      http://push-gci.seesaa.net/
グー        http://blog.goo.ne.jp/push-gci
ジュゲム      http://papa-quebeck.jugem.jp/
ココログ      http://papa-quebeck.cocolog-nifty.com/blog/

使い捨てブログ
ヤフー・・・ここは世界の中でももっとも下劣なブログサイトのためスパム投稿している。

Appendix

プロフィール

パパケベック

Author:パパケベック
http://ameblo.jp/push-gci/がメインブログ。
ニュース時事、競馬、遠隔テクノロジーと集団ストーカー。
パソコンと周辺機器、広帯域受信機。

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード