Latest Entries

第84回 東京優駿

第84回 東京優駿

2017年5月28日(日) 2回東京12日

芝2400メートル


ダンビュライト・・・武豊。音無厩舎1号。

アメリカズカップ・・・松若、所属騎手。音無厩舎2号。

マイスタイル・・・横山。

スワーヴリチャード・・・四位。

クリンチャー・・・藤岡ユウスケ。宮本厩舎1号。

サトノアーサー・・・川田。池江厩舎1号。

アルアイン・・・松山。池江厩舎2号。

トラスト・・・丹内。

マイネルスフェーン・・・柴田。

ベストアプローチ・・・岩田。

ペルシアンナイト・・・戸崎。池江厩舎3号。

レイデオロ・・・ルメール。

カデナ・・・福永。音無厩舎3号。

ジョーストリクトリ・・・内田。

ダイワキャグニー・・・北村ヒロシ。

キョウヘイ・・・高倉。宮本厩舎2号。

ウインブライト・・・松岡。

アドミラブル・・・デムーロ。


******************************

池江厩舎、音無厩舎ともに3頭出し。宮本厩舎が2頭出し。


3頭出し厩舎の一騎打ちと考えれば、

デムーロと松山。そこにルメールと福永か、松岡、戸崎。戸崎には要注意として展開を考えると、


展開

松山・デムーロ・・ルメール・戸崎


騎手の乗り代わりがない馬を考えれば、四位と松岡は要注意なんだが、四位は先行の直後、松岡はさらにその後ろだろうから、デムーロの松山マークの好位差しが決まりやすいはずだ。


今度は松山がマークされる。すると経験不足がゴールまでのペース配分に現れるはずだ。無理して先に行くことになればデムーロが仕掛けどころを間違えない限り差し切れるはずだ。

Appendix

プロフィール

パパケベック

Author:パパケベック
http://ameblo.jp/push-gci/がメインブログ。
ニュース時事、競馬、遠隔テクノロジーと集団ストーカー。
パソコンと周辺機器、広帯域受信機。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード