FC2ブログ

Latest Entries

遠隔テクノロジー被害と集団ストーカー被害 32

遠隔テクノロジー被害と集団ストーカー被害 32


(神経コントロールによる感覚や意識の生成)+(神経信号のモニター)=(マインドコントロール)+(被害妄想)=被害者の誘導された行動=被害者の何らかの環境変化(警察沙汰、精神病院、通院、被害対策の出費、他人とのかかわり)


≪被害妄想≫


加害組織は脳神経や人間心理の専門だと考えられる。だから人の心の動きをよく知っている。

なぜマインドコントロールで被害意識に人工的な意識を植え付けるのか、その理由はいわゆる加害理由であり、加害組織の目的に通じているものと考えている。


その考え方に従って推測すると、自殺誘導、財産目的、日本人の洗脳?!、仏敵排除、離職や離婚による経済的な加害のためとかいろいろな加害理由をほかの被害者が考えているようだが、それらは思い込ませる内容だと言える。


どの被害者も加害相手が自分に何らかのかかわりがあると本気で思い込んでいるところは、そう思い込ませるのが被害者の性格などに最も融通が利くからだと考えている。


マインドコントロールの手法として植え付ける妄想の内容を考えた場合、ターゲット被害者が実感しやすいような自分とのかかわりを重視していることが分かる。


自分とかかわりある相手が加害相手だと意識するなら、被害者の意識は日常的に加害相手を意識することになり、被害実感も現実味を帯びることになる。なぜなら、加害相手が自分とかかわりあるから当然加害相手は身近な人間になり、身近な人間が加害相手なら加害相手に対する行動も誘導しやすくなるからである。


======================


もし自殺誘導で自殺させるのが目的なら、ちゃんちらおかしい!そんなことのためにやっているなら大部分の被害者は自殺しているだろう。

加害組織の加害に1日18時間以上、寝ている間以外は何らかの加害が行われている状況なら3日間も持たず、ストレス過多で精神病になりかねないだろう。だが、精神病になるくらいのストレスの手前で加害組織は「調節」している節がある。


私の場合は、1日18時間以上、寝ている以外は声が聞こえ、その声と脳内会話(意識による意思疎通状態)、1時間くらいの身体刺激や攻撃が日によって複数だったが、ストレスで精神病にならなかったのは、加害組織側の調節だろうと考えている。


身近な人間による犯行なら、精神病になるほどストレスを加え続けられるならそうしているはずだ。それで離婚や離職、うまくいけば自殺誘導で自殺させるはずだ。だが、自殺した被害者は私は知らない。自殺の真似事をした被害者は知っている。それに根拠も乏しい自殺の出来事を我々被害者の自殺のように喧伝している被害者がいることも知っている。


つまり、関係ない人の自殺を我々の被害者の自殺のように言っている被害者は、でっち上げによる「自分の被害を世間に認めさせようとするいやしさ」の表れだと考えている。


被害を受けて被害者がでっち上げをするのは人間心理の表れでもある。でっち上げは物事をよく見極めないことでもやってしまうことがある。それについては昔の「ゲッチンゲン実験」が証明済みだ。その実験の被験者はそれなりの心理学者たちだ。一般人でなくても、感情的な興奮状態では、物事の見極めができないことを示す。


同様に、我々被害者の被害状況も似たような状況を仕組まれる。それを仕組むのは加害組織側である。そのため、被害者がでっち上げで自分の被害をことさら大げさに言ったりするのは、至極自然ともいえる。だが、でっち上げはでっち上げだ。


例えばインターネット経由で加害組織が加害するなどの話は、興奮状態での訴えにほかならず、無意識にでっち上げをやったりする。あるいは、タイヤのパンクなどの話もある。


======================


それぞれの被害者が思い込む加害相手に対する意識は、加害側によるマインドコントロールの結果である。その被害者の意識は、「加害相手が自分に何らかの関係がある」と思うその内容が加害側のマインドコントロールで植えつけられたものだ。


したがって、加害側がどのような加害を行ったのか、加害内容に思い込む根拠があり、マインドコントロールの「手法」が隠されていることになる。


≪被害妄想の根拠≫


被害妄想となる根拠は被害者が加害を受けながら意識したものに含まれている。従って加害方法に根拠がある。


根拠となるのは、加害相手の声と身体刺激・攻撃である。


何を言われた?

どんな内容だった?

身体刺激・攻撃でどのような感情が自分に芽生えたか?


結果的に妄想の根拠は加害にある。


さらに、加害相手の加害方法の技術的な面もまた加害に根拠がある。


単純に人によるものだと思い込むのは、声が聞こえるからだ。その声の方向に人がいる。だから、自分に言ってきたものだと思うし、自分にかかわりがある内容なら独り言のような声でも根拠にする。


身体刺激・攻撃のような加害方法の場合なら、技術的な理解が不可欠になる。接触ではなく、飛び道具のようなものを考えるしかない。身体的な加害でもその感覚を誰かの仕業に考えるのは当然。したがって身近にいる人間を考えたり、普段から自分に敵対的な人間を考えたりする。


つまり、被害妄想の根拠は、加害そのもののほかに被害者本人の不断の考え・性格・情緒がかかわっていることになる。したがって、第三者の加害と被害者本人の考え方が被害妄想の根拠を形作ることになる。


≪被害者の普段の生活にあるマイナスの側面≫


他人とのいさかいが頻繁にある人もいる。職場内の陰湿な人間関係もまた同じ。同様に家庭内での軋轢もまた同じ。それらのマイナスの面は、日常的に意識に判断を下す「常識」が作られる。


そこに加害組織が滑り込んでくる。加害組織はそういうマイナスの面を利用する。すると被害者は単純に日常生活上の出来事として状況を判断することになる。当然、加害相手を推測する場合、単純に自分にどのようなかかわりがあるのか重要なポイントとして判断する。


単細胞的なものの考えの弱点は、常に自分の判断に自己批判的な考察を加えられないことである。そのため、日常生活の全般で本当は加害じゃないものまで加害に判断してしまう。例えば、パソコン・インターネットがらみの問題が起これば、それを加害側の仕業のように妄想の拡大をやってしまうことになる。


つまり、被害妄想を植え付けられると人の性格によっては、拡大して誇大妄想するようになることである。言い換えると、加害そのものと加害に似たようなものとの区別ができなくなることである。それを別の言葉で表現するとすれば、「ヒステリー」だろう。被害ヒステリー。


加害じゃないものまで加害されたと思い込む。それを別の面から言えば、加害をよく観察していないことと加害に対する判断が本人の常識だけで終わっていることである。つまり、自己批判的に物事を見極めるのではなく、本人の常識に基づいてすべて判断するだけで事の本質を見ないタイプだ。


本人の常識というものは、本人の知りえたものだけで知りえたものは単純に覚えがあるだけのものである。だから、知りえたものの本質を見極める、あるいはことの本質を見極める意識が欠如しているために、単純に、「私は被害者」だから「被害を認めてくれ」に終始することになる。


その手のタイプの人間では、被害に対しては単純に「被害解決」という言葉を使うだけにとどまり、事の真相を見極める意識が欠如しているために加害相手を単純に判断してしまい、加害相手を追及して警察沙汰や裁判にかけられると妄想する。


だが、加害組織は遠隔にある。地球のどこかに生存・存在しているだろう。それを身近な人間の仕業に考えてしまう時点ででっち上げた相手に注意するようになる。


でっち上げは、事の真相を見極められない、感情優先で出来事の様子を冷静に見極められない人間のタイプが本人の常識の範囲内で判断しただけのものである。


でっち上げは、加害相手の特定に特に鋭く表れる。

加害相手の特定は不可能である。謎の技術を使っているからだ。証拠をとろうとしても取れない。だが、本人の常識のレベルで判断したら、加害組織が誘導したマインドコントロールによる結果だ。すなわち、犯人は○●●●だ、となるだけである。したがって被害解決は、その犯人を警察を使って逮捕、あるいは金銭上損害賠償請求して金をむしりとることだけになる。それが「被害解決」の中身だ。ぞんざいなものの考えには、ぞんざいな出来事の見方が相応する。


それらのことが分かればいいが、多くの被害者は相変わらず犯人をある程度特定しており、無駄なでっち上げや行動をやっている。


≪マインドコントロールの要点≫


それは加害組織が我々被害者の性格・日常意識を最大限利用することにある。

日常的な意識が利用されている様子は、例えばある被害者が次のように言う時

「被害の自覚は○○○、だが、小学校のころから狙われていた」

その被害者はいろいろなマイナス面の生活実態があったことを意味する。


被害者によっては職場内で騒ぎを起こしてそれで社内問題に発展、精神病院行きになった被害者もいるが、そういう被害者はもともと職場内の何らかのマイナス面があったはずだ。加害組織はそういう面を利用する。しかも身近な人がやっているかのような神経コントロールによる感覚・意識生成が可能だから、常識にとらわれ、日常的なマイナス面がある人なら、自分にかかわりのある側面を加害から推測するはずだ。


そのように被害者本人の推測は、自分の日常にあるマイナス面を加害に見出す。


そういうことを遠隔から加害組織がやれるのは、ターゲット被害者には常時神経信号のモニターを行いつつ、本人や本人の周りをその本人の神経信号のモニターから知りうるからである。

そして、日常生活で物理的な損傷までも加害によるものだとでっち上げるようになる。ヒステリー状態である。


行き場を失った人の魂は、何でもかんでも加害のように騒ぎ立てるものである。ヒステリーは女に多いとの常識があるが、それは男女問わず、誰でもなりうる可能性のある精神状態だと言えるだろう。


ヒステリーになるまで加害組織が追い込んだ可能性は高い。なぜなら、何らかの行動を誘導するのは加害組織の「達成目標」の一つかもしれないからだ。


マインドコントロールは、単純に意識上のコントロールにとどまらず、行動を起こさせることにあるはずだ。本来ならその行動はあり得ないが、マインドコントロールで妄想を植え付ければ、それで行動誘導になるものがあるからだ。例えば、身体刺激・攻撃に対する行動には、対抗と逃避がある。それで引越ししたり、離職したり、離婚したりする羽目になった人もいる。


マインドコントロールは行動誘導の起因となる意識「変造」でもある。したがって本人の自覚的な意識による行動であり、妄想もまた本人の自覚的な意識で取り込んだものとなる。まさに完璧なマインドコントロールだ。


心理的、肉体的なストレスばかりのマインドコントロール方法とは違って、加害組織のマインドコントロールは洗練されているようだ。たぶん、いろいろと試したのだろうな。


何はともあれ、ターゲット被害者になった時はよろしく!

==========================================

メインブログ
アメーバー     https://ameblo.jp/push-gci/

主なカテゴリーのリンク
ニュース      https://ameblo.jp/push-gci/theme-10028247892.html
競馬        https://ameblo.jp/push-gci/theme-10028078848.html
パソコンと周辺機器 https://ameblo.jp/push-gci/theme-10028583280.html
遠隔テクノロジー1 https://ameblo.jp/push-gci/theme-10089643457.html
遠隔テクノロジー2 https://ameblo.jp/push-gci/theme-10105528883.html
放射能汚染 https://ameblo.jp/push-gci/theme-10035258353.html
コメントスパマー  https://ameblo.jp/push-gci/theme-10104874567.html

コピーブログ
アメーバー     https://ameblo.jp/papa-quebeck/
FC2         http://keyhole276p3mhz.blog75.fc2.com/
ライブドア     http://blog.livedoor.jp/push_gci/

一部のコピーブログ
シーサー      http://push-gci.seesaa.net/
グー        http://blog.goo.ne.jp/push-gci
ジュゲム      http://papa-quebeck.jugem.jp/
ココログ      http://papa-quebeck.cocolog-nifty.com/blog/

使い捨てブログ
ヤフー・・・ここは頭のおかしなサーバー管理者が多いから使い捨ての記事をスパム投稿している。

Appendix

プロフィール

パパケベック

Author:パパケベック
http://ameblo.jp/push-gci/がメインブログ。
ニュース時事、競馬、遠隔テクノロジーと集団ストーカー。
パソコンと周辺機器、広帯域受信機。

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード