Latest Entries

集団ストーカーと遠隔テクノロジー 被害妄想15

集団ストーカーと遠隔テクノロジー 被害妄想15


一般の人がこれを読んで何かに役に立つとしたら、加害組織のターゲットになった時だ。


あるいは、ターゲットにされた被害者が家族や友達、職場内にいる場合だ。



実際問題として加害組織の存在を確認はできない。いや、できる。確認できるのは自覚症状としてだけだ。


加害組織の存在は確認できても自覚症状でしかない。もちろんそれ以外に「推定・憶測」で確認したかのように思うことはできる。



加害組織の存在を確認するには録音するのが最も簡単な方法だ。被害者以外が聞き取れれば他覚症状になる。それをやったことのある被害者がいたみたいだが、成績は良くない様子だった。音響研究所でも確認できない、と。



変だと思うだろう。それで周りの人は被害者を精神病のように判断できる。逆の立場、加害組織の立場に立てば、精神病にみられる状況は有利な条件となる。


被害者が真摯に訴えるほど、感情的に訴えるほど周りの人には精神病にしか思えない。



「お前のためにわざわざ人員と機器を配置してなんになる?」



被害者は誰かに嫌がらせされるとか、身体的な攻撃を受けていると訴えるが、周りの人には何の害もない。被害者が聞こえるという声も確認できない。



被害を訴えるほど孤立することになる。被害は被害者の自覚症状に過ぎない。



■自覚症状に過ぎないものをどうやって他人に確認してもらうか


方法はない。録音しても他人にはわからない。映像をとっても他人には単なる日常の風景に過ぎない。



加害組織の声は自覚症状に過ぎない。だからその声は音波ではない。音波ならその声が聞こえる感じの音波が発生しているから周りに広がっていく。周りに広がっていくから周りが聞こえるはずだ。


骨伝導による声とは異なる声の場合、明らかに音波ではないことになる。骨伝導の声ならそれ専用のマイクで確実に拾える。


もし、加害組織がネタばらしをやってくれればその真相で世の中は理解するはずだ。


それ以外は、加害組織の使用している電磁波のようなものと被害者の自覚症状との因果関係を計測することだ。それが意味するのは、加害組織並みの技術的な理解が必要になる。



■電磁波と推定したら


加害組織の手段を電磁波だと仮定したら声が聞こえる間は電磁波が被害者に作用している。


それに私のような被害状況で言えば、常時脳内会話しているから思考を常時読み取るための電磁波が照射されていると考えられる。


ビーム上の電磁波など日本全国だけでなく世界中に被害者がいることを考えれば同時に多数を個々のビームを照射しているとは考えられない。被害者が移動しても脳内会話に支障はないし、電磁波攻撃も同様だ。


自分の被害状況から推定できるのは、ある程度の範囲に対しての電磁波照射だと考えている。


被害状況を技術的にとらえるには、現存するもので見立てて考えるのが簡単だ。


その一つ、衛星放送がある。そして、被害者個人に声が聞こえるとか電磁波攻撃されることを考えたら、インターネット通信がある。


衛星放送とインターネット通信で見立てて考えれば、被害状況というのは身近に加害者がいるような簡単な技術ではないことが分かる。


アンテナと被害者とはちょうどインターネット通信のようなサーバーとクライアントの関係だ。加害組織は被害者を個別に認識できるし、被害者だけに声を作り出せる。



途方もない技術を簡単に考えるにはそうやって何かに見立てて考えればいい。


要するに、加害組織の電磁波は個別選択できる。だから被害者個人にだけ声を聴かせたり、頭痛を起こしたりできる。


インターネット通信のように被害者個人特有の「MACアドレス」のようなものがあり、加害組織はそれを利用している。


思考盗聴も同様だ。




■古き時代の思考盗聴の理解度



昔のネット記事には思考盗聴は言葉で意識したものを盗み取られるような言い方をしていたものを読んだことがある。だから、言葉で意識しないようにしたら思考盗聴されないと。


別の意味での思考盗聴を言っている人もいる。それは思考盗聴を見せかけのように説明する被害者だったようだが、説明の内容は音声送信の手法の一つだ。


思考した内容を送り返してくる音声送信の手法を言っていた。だから、思考盗聴されているように思ってしまうと。



思考盗聴は途方もない技術の一つだ。大体の考えは、脳波は遠くには飛ばないからできないと考えている。


それに対してレーダー波を照射してその反射波で脳波を計測する、という考えが出た。その考えは途方もない技術を説明するのにとても有益だ。



要するに、脳波自体は弱いものだから外から電磁波を照射してその反射波を計測すれば可能だと考えればいいのだ。


ちょうど暗闇にライトを照らせばその反射光で何があるのか見えるようなものだ。


光の意味でもいいはずだ。


光の意味で言えば、1光年も離れたところに加害組織はないと断言できる。なぜなら脳の状態を思考盗聴できるのは、何かを考えてから1年後に加害組織に届くからだ。


見えないものを照らす光という考え方は被害状況を理解するのに役立つはずだ。


頭を見ても何考えているかわからないものを加害組織は電磁波のようなもので分かる。


自分の考えたことが返ってくるだけではないのだ。私のような被害状況はそうなっていない被害状況の被害者にはわかりにくいはずだ。

Appendix

プロフィール

パパケベック

Author:パパケベック
http://ameblo.jp/push-gci/がメインブログ。
ニュース時事、競馬、遠隔テクノロジーと集団ストーカー。
パソコンと周辺機器、広帯域受信機。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード