Latest Entries

集団ストーカーと遠隔テクノロジー 被害妄想52

集団ストーカーと遠隔テクノロジー 被害妄想52



■集団ストーカー被害タイプの被害者の妙な考え方


身近な人が自分に害を加えていると訴えることがそれだ。


被害者は身近な人が加害者だと思って問いただし、加害していると言われた人は相手を頭の変なやつだと考える。加害していると言われた人は、相手の様子を見ながらやばいと思えば警察を呼ぶ。


何が問題か?


被害者が身近に加害者がいると思い込んでいる被害妄想だ。


被害妄想だとわからない被害者は、正当な行動だと思っている。だが、ターゲット被害者以外の人は、自分に害を加える相手だと思う。


被害者が警察に事情を話してもその内容は精神病としか考えられないものなら、精神病院に処置入院させるだろう。



■視点がずれているターゲット被害者


自分に対する加害はその被害者が分かるものだ。その判断は、常識に基づく正当なものだ。


だが、遠隔テクノロジーの加害組織の技術を知らないため、自分に対する加害だと判断する。


そのため、ターゲット被害者の視点は最初からずれているのである。


被害初期のひどい期間を経過した後は、日常の些細な出来事に被害を感じるようになる。



■集団ストーカー被害タイプの被害環境


被害初期、加害組織は盛んに加害を行う。その間、被害者は加害組織のマインドコントロールを受ける。


被害初期以降、マインドコントロールの状態で日常の些細な出来事に加害を感じる。


このタイプの被害者の環境は、身の回りの加害者の存在を常に意識するようにマインドコントロールされている。


マインドコントロールされた精神状態は、不特定多数の加害者を意識するように仕向けられている。そう仕向けるところがマインドコントロールだ。



■お門違いな加害相手の意識


マインドコントロールされた被害者は、身近な人を加害者と意識するように仕向けられているため、常にお門違いな加害相手を意識する。


身の回りの特定・不特定多数が加害者だから、組織的な背景を考える。


そして、お門違いな相手を意識して誇大妄想を作り上げる。つまり、集団ストーカー被害タイプの被害者は、自分で誇大妄想を作り上げると言える。ただ、インターネットによる検索を利用して誇大妄想の考え方を取り入れる被害者もいるはずだ。



■被害妄想と誇大妄想による行動


これは街頭宣伝やチラシ配り、官庁に対する請願、110番通報、自分を守るシールド製品の購入、音楽を大音量で聞く方法、加害相手の追及、探偵に調査依頼、ブログで被害を訴える方法、などいろいろある。



被害妄想は、加害されての被害者の直接的な判断から生まれる。例えば音声送信や仄めかしだ。


加害は加害相手の証拠となると考える。しかし違う。加害そのものは証拠にはならないが、加害相手と方法の判断材料になる。


したがって、痛撃を訴えても、音声や仄めかしを訴えても証拠にはならないから、録音したものは証拠にはならない。


※暴走族も加害者のように考えている被害者の被害妄想は、それを録音・録画したものが証拠となると考える。同様に自衛隊・警察などのヘリを撮影したりしても同様である。



■疑心暗鬼の集団ストーカー被害タイプ


マインドコントロールによって架空の被害意識を抱いている精神状態では、ターゲット被害者同士の間でも疑心暗鬼になって相手を加害者のように誇大妄想する。


離間工作を経験する被害者はたいてい疑心暗鬼にとらわれている。その原因はもともと性格的なものを除けば、マインドコントロールによる被害意識にある。


被害者を加害者のように疑う被害者は、マインドコントロールで疑心暗鬼の精神がより一層強くなると思う。なぜなら、信じられるのは自分だけだからだ。


■集団ストーカー被害タイプの特徴の一つ


それは無関係の第三者が加害者に利用されている点だ。それは、被害者がそう意識するように神経コントロールによる感覚・意識の生成をされているからだ。


被害者が間違った判断なのが分からないのは、加害組織が使う技術が高度なものだからだ。それで被害者は身の回りの声だと判断する。



■解決策


簡単に言えば、自分にかけられたマインドコントロールを取り除くことだ。


加害組織の技術は途方もないものであることを知ることにある。


加害に対して何とか仕返ししたり、犯罪として立件したりするのはあきらめたほうがいい。


加害に対して何より重要なのは、それが加害だと思う時、じっくりと観察して不可解さを見抜くことだ。


不可解なことがないと感じているなら、最初から無批判に常識的な判断だけで、つまり上っ面の判断だけで被害をとらえているだけだ。


もちろん、日ごろから相手かまわず加害者のように考えて行動・言動しているなら別だ。


加害相手だと思って行動することは自分に損になる。


「隣の部屋のやつが加害している。」だから、「一回文句を言ってやる。」そんなことしたら相手は頭のおかしなやつだと判断する。


自分の被害状況を取り違えて判断するのは常識的で正当だ。それは間違いない。しかしそれではお門違いな相手に「嫌がらせをやめろ!」と言っていることになる。


もっとも、そういうマインドコントロールを受けているのが集団ストーカー被害タイプの特徴でもあるが。

Appendix

プロフィール

パパケベック

Author:パパケベック
http://ameblo.jp/push-gci/がメインブログ。
ニュース時事、競馬、遠隔テクノロジーと集団ストーカー。
パソコンと周辺機器、広帯域受信機。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード